Change My Life~FXとバイナリーオプションで稼ぐ~

投資で稼いで金銭的に旦那に頼らず生きることを目指す専業主婦のブログ

【順張り VS 逆張り】バイナリーオプション初心者にオススメなトレード手法とは~実際のトレード写真を交えて解説~

\スポンサーリンク/
 

志衣です。

いつも読者登録、いいねをありがとうございます♪

*ランキング参加中*

ぽちっと応援お願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
トレードする際に出てくる順張りと逆張り。
果たしてどちらからスタートするのがオススメなのでしょうか。
これからバイナリーオプションをスタートされる方向けにまとめてみました。
*POINT*

・バイナリーオプションを始めたい方

・エントリーポイントに悩んでいる方

  にオススメの記事となっています。

f:id:ce-ciel:20190203165918j:plain


 

手法「順張りと逆張り」

 バイナリーオプションやFX(外国為替証拠金取引)などでお金を稼ぎたいと思いトレードを始めると必ず出てくるワードである「順張りと逆張り」ですが、そもそもどう違うのかを実際のトレード写真を交えてまとめてみました。

① 順張り

f:id:ce-ciel:20181213232641j:plain

【取引口座:ハイローオーストラリア】

 

順張りとは、値動きの流れに沿ってエントリーする手法です。

上の写真は、上昇が続くと思われる相場で順張り(highエントリー)をすることで、勝ったときの写真になります。

 

②逆張り

f:id:ce-ciel:20190207135739p:plain

【取引口座:theoption

 

逆張りとは、相場の反対への値動きを狙ったエントリーのことです。

上がってきたからlowにエントリーする、下がってきたからhighエントリーをすることを指します。

あまりキレイな相場ではなかったのですが、下落からの反発を見越してhighエントリーしたときの写真です。

 

それぞれのメリット・デメリット

順張りと逆張りは狙った相場が真逆です。そのため、それぞれメリットもデメリットもあります。

 

①順張りのメリット・デメリット

 メリット

・上がってきている相場、下がっている相場というのが分かりやすい

f:id:ce-ciel:20190221215045p:plain
例えば、赤い丸のところ上がってきたから、もうちょっと上昇するかな?

といったように、率直に感じ取ることができます。

 

デメリット

・どこで上昇または下落が終わるかわからない

相場はどこかでは絶対にトレンド転換していくので、どこが高値なのかどこが安値なのかを見極める必要があります。

 

順張りのメリット・デメリット

メリット

・レンジ相場では勝率が高い

f:id:ce-ciel:20190221220558p:plain

反転ポイントがしっかりわかる相場では、逆張りの方がオススメです、

あまりキレイな相場を持ってこれなかったのですが、上昇を狙った相場だとしても、順張りだと上昇期間が短すぎて危険です。

だけど逆張りをすると、勝てる相場だと思います。

 

 デメリット

・順張りが効果的なトレンド相場に弱い

f:id:ce-ciel:20190221221221p:plain

なんか上がってきたし実体も小さくなってきて、ちょっと下落したから落ちるかも!と思ってlowエントリーした後、思うより下落せずに急上昇。

結果的に負けてしまうということが十分に考えられます。

\スポンサーリンク/
 

 

トレンドの始まりには気をつけよう

これには、私自身も本当に 泣かされてきました・・・。

どういうことかというと

f:id:ce-ciel:20190221222117p:plain

上がってきたけど、ちょっと下がりそうな感じがする相場だと思います。

でもよく見ると、ボリンジャーバンドをはみ出していますよね。こういうときは要注意です。

その後この相場がどうなるかというと

f:id:ce-ciel:20190221222245p:plain

上がっていきました。これはボリンジャーバンドの幅が狭いのでそんなに大きくは感じられないかもしれませんが、場合によっては急上昇、急降下なんてことも考えられます。

このような時の逆張りには気をつけてくださいね。

私も何度も何度も騙されました。

 

結論「どっちが初心者向けなの?」

多くのトレーダーさんは、順張りからの逆張りをオススメされていました。

理由は、相場が読みやすいということがあげられます。

だけど、トレンドだけ、レンジ相場だけという相場はありえませんよね。

最終的にはどちらも使えるようになると、さらに勝率はアップしてくるのではないでしょうか。

 

順張り:トレンドに強くて、レンジに弱い

逆張り:レンジに強いけど、トレンドに弱い

 

バイナリーオプションの場合は、取引時間によっても合う合わないがありますし、人それぞれ、こっちは得意だけどこっちは苦手というのが出てくると思います。

それぞれの特性を生かしたトレードを心掛けて自分に合った手法を見つけていきたいとと思います。

 

\スポンサーリンク/
 

*今日は何位かな?*

ブログランキング・にほんブログ村へ